認知症のケアサービス|お年寄りの介添処「介護付有料老人ホームのすゝめ」|oldege・plan

認知症のケアサービス

メンズとレディ

有資格者のサポート

認知症の人と会話するのはとても難しいものです。記憶の一部分がなくなるのではなく、自分が実際に体験したことをまるまる忘れてしまう為、日常生活をまともに過ごすことがほぼできません。こうした高齢者を受け入れる為に、介護付有料老人ホームでは認知症ケアに長けた有資格者を多くスタッフとして迎え入れています。

一人ひとりと向き合う体制

ほっておけばどんどん進行する認知症は、進行を遅らせる工夫をとらないことには何の対策にもなりません。最も多いアルツハイマー型認知症は、ゆるやかに進行すると言われていますが、介護付有料老人ホームでは一人ひとりの入居者と向き合い、毎日明るい声掛けを徹底しています。症状が進行すると抑うつを患うリスクもあるので、次のレクリエーションプログラムも定期的に行なわれています。

レクリエーションプログラム

認知症ケアを行なっている広島のホームでは、スタッフと共に地域の医療施設とも連携をとっており、医療面としてのサポートも叶えています。また、物忘れにも認知症にも効くとされている手足の運動は、症状を遅らせることに繋がるのでレクリエーションでカラオケやかるた、麻雀をするともあります。自宅では行なえない、手厚いサポートも介護付有料老人ホームであれば実現。安心して大切な家族を預け入れることができます。

広告募集中